• 沒有找到結果。

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

42

な り 、〈 程 度 が は な は だ し い 〉こ と を 表 し て い る 。し か し 、「 い や (な )」 と 「 ば か (な )」 は そ の 例 外 で あ り 、 前 者 は 慣 用 句 の 用 法 か ら 見 れ ば 、他 の 研 究 対 象 よ り 薄 い が 、〈 量・程 度 〉の 意 味 を 表 し て い る 。一 方 、〈 ば か (な )〉は 質 的 側 面 に 止 ま っ て い る 。

② 統 語 的 か ら 見 れ ば 、 各 語 が 基 本 義 と す る 場 合 、 装 定 用 法 と も 述 定 用 法 と も 用 い ら れ る が 、 拡 張 義 の 〈 量 ・ 程 度 〉 を 表 す 場 合 、装 定 用 法 し か 使 わ れ な い 。両 用 法 を 持 つ「 す ご い 」「 す さ ま じ い 」 は そ の 例 外 で あ る 。

③ 拡 張 義 の 〈 量 ・ 程 度 〉 を 表 す 場 合 、 評 価 性 が 含 ま れ て い る か ど う か は 装 定 用 法 で の 後 接 名 詞 と 関 わ っ て い る が 、 元 の 形 容 詞 の 基 本 義 か ら 引 き 摺 り 、 影 響 が 残 さ れ る 場 合 も あ る と 考 え ら れ る 。

以 上 述 べ た 形 容 詞 が 〈 量 ・ 程 度 〉 を 表 す 場 合 の 特 徴 を 以 下 の 表 の よ う に 整 理 す る 。 11

基 本 義 述 定 用 法 装 定 用 法 プ ラ ス 評 価

マ イ ナ ス 評 価

す ご い - + + + +

え ら い - - + - -

ひ ど い + - + - +

す ば ら し い + - + + -

お そ ろ し い + - + - +

す さ ま じ い + + + - +

た い へ ん

( な ) - - + - +

非 常 ( な ) - - + + +

11 「 い や (な )」 と 「 ば か (な )」 に は 〈 量 ・ 程 度 〉 の 用 法 を 持 た な い た め 、 表 に 載 せ な い 。

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

43

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

44

第 3 章 形 容 詞 の 程 度 副 詞 的 用 法 と 動 詞 句 1 は じ め に

本 章 は 形 容 詞 が 副 詞 形 で 程 度 を 表 す 場 合 、 ど の よ う な 動 詞 と 共 起 す る か に つ い て 明 ら か に す る 。 ま た 、 何 故 こ の タ イ プ の 動 詞 と 共 起 す る の か を 分 析 す る 。

2 形 容 詞 連 用 形 と す べ き 場 合

考 察 に 入 る 前 に 、 こ こ で 形 容 詞 連 用 形 と 程 度 副 詞 の 相 違 点 に つ い て 説 明 し て お く 。 本 稿 の 研 究 対 象 と す る 「 す ご く 、 ひ ど く 」 な ど は 元 々 形 容 詞 で あ る た め 、 連 用 形 に な る と 、 程 度 を 表 さ ず 、 形 容 詞 の 意 味 で 使 わ れ る 場 合 も あ る 。

(1) 最 近 お 会 い し た 人 の 中 で 感 じ た 事 は 、 す ご く 見 え な い 人 の 方 が 実 際 は す ご い 人 が 多 い の で は な い か と い う 事 で す 。 (http://blog.folksworks.com/entry/2008/000973.html) (2) す ご く 見 え る よ う に な っ た 。 (作 例 )

(1)(2)と も「 す ご く 見 え る 」で あ る が 、意 味 を 異 な る 。(1)は〈 す ご い と 見 え な い 〉と い う 意 味 で 、「 す ご く 」は〈 立 派 に 〉と 置 き 換 え ら れ 、ア ク セ ン ト は 頭 高 型 で あ る が 、(2)の「 す ご く 」は〈 は っ き り 〉 と 置 き 換 え ら れ 、ア ク セ ン ト は 中 高 型 で あ る 。す な わ ち 、(1)の「 す ご く 」 は 人 の 特 質 、 能 力 な ど の 質 的 側 面 を 修 飾 し て い る 一 方 、 (2) の「 す ご く 」は 見 え る 程 度 の 高 さ に つ い て 、〈 量 ・程 度 的 〉側 面 を 修 飾 し て い る 。

「 す ご く 」 だ け で な く 、 他 の 語 も 形 容 詞 連 用 形 と 判 断 さ れ る 場 合 が あ る 。

(3) 社 長 は 太 郎 の こ と を ひ ど く 話 し て い る 。 (作 例 ) (4) 『 私 の 恐 怖 体 験 を 恐 ろ し く 話 し て ! 』

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

45

(テ レ ビ 番 組 の タ イ ト ル ) (5) 穏 や か な 海 が 恐 ろ し く 見 え る こ と が あ る 。

(英 辞 郎 on the WEB) (6) 林 の 角 に 歩 兵 が 散 兵 線 を 布 い て い る と 思 う と 、バ リ バ リ と 小 銃 の 音 が 凄 ま じ く 聞 こ え る 。 (田 山 花 袋『 田 舎 教 師 』)

(3)~ (6)は そ れ ぞ れ「 ひ ど い よ う に 話 し て い る 」「 恐 ろ し い よ う に 話 し て い る 」「 恐 ろ し い よ う に 見 え る 」「 凄 ま じ い よ う に 聞 こ え る 」 と い う 意 味 で あ る 。ま た 、(7)~ (11)の 下 線 部 も 形 容 詞 連 用 形 と 視 さ れ て い る 。

(7) 交 通 事 故 で 、 怪 我 は ひ ど く 見 え な い の に 、 後 遺 症 が 残 る 場 合 が 多 々 あ る よ う で す 。 (→ ひ ど い と 見 え な い )

(http://www.kenshoukan.com/sequelae/%E5%BE%8C%E9%81%BA%E 7%97%87%E3%81%8C%E6%AE%8B%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1/) (8) 上 部 だ け は 教 師 の お れ よ り よ っ ぽ ど え ら く 見 え る 。 実 は

落 ち 付 い て い る だ け な お 悪 る い 。 お れ に は 到 底 こ れ ほ ど の 度 胸 は な い 。(→ え ら い と 見 え る ) (夏 目 漱 石『 坊 ち ゃ ん 』) (9) 自 分 以 外 の 全 て の 人 が 素 晴 ら し く 見 え る こ と な い で す

か ? も し く は 我 が 子 以 外 の 子 供 の が き ち ん と し て る な と か 思 う 事 な い ? (→ 素 晴 ら し い と 見 え る ) (Yahoo!知 恵 袋 ) (10) お ま え は 一 見 、非 常 に 見 え る が 実 は ま る で そ ん な こ と は

な く 、 そ の 心 底 は ケ ツ の 青 い ガ キ と 一 緒 。 (→ 非 常 だ と 見 え る )

(http://www.geocities.jp/rihakujp/proverb/proverbofak agi.htm)

(11) 毎 日 の こ と で す か ら 、 とき に は お 料 理 が い や に

(→ い や だ と 感 じ る ) (http://mikestankewich.com/) 感 じ る こ と だ っ て あ る で し ょ う 。 も し も お 料 理 が ス ト レ ス に な る よ う で あ れ ば 、 器 具 や 食 器 を 変 え て み て は ?

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

46

(12) 「 そ う な ん で す 。 そ ん な こ と を 、 さ も 人 生 の 一 大 事 の よ う に 考 え て い る ぼ く 自 身 も 馬 鹿 に 見 え ま し た 」「 ふ ん 。 馬 鹿 に 見 え た か 」「 そ う で す よ 」 少 年 は 言 葉 を 選 ぶ で も な く 言 っ た 。 (→ 馬 鹿 だ と 見 え る )

(風 間 一 輝 『 男 た ち は 北 へ 』 ) (13) 最 近 の フ ァ ン の マ ナ ー は ひ ど く 思 い ま す 。

(→ ひ ど い と 思 う ) (Yahoo!知 恵 袋 ) (14) 本 当 は 大 好 き な の に 、 そ の ひ と の こ と を と て も ひ ど く

(

考 え て し ま う こ と が あ り ま す 。 (→ ひ ど い と 考 え る ) http://okwave.jp/qa/q1124652.html ) (15) 久 し ぶ り に 行 き ま し た が 、 やは り 景 観 は 素 晴 ら し く 思 い

ま す 。 (→ 素 晴 ら し い と 思 う )

(http://reserve.golfdigest.co.jp/comment/958501) (16) 彼 が 冷 い 壁 を じ っ と 見 つ め た ぎ り 、 人 と 口 を き く こ と も

二 階 か ら 降 り る こ と さ え も 厭 わ し く 思 う ほ ど 動 け な く な っ て し ま っ た 時 は 、「 死 」が そ ろ そ ろ 自 分 の 身 体 に ま で 上 り か け て 来 た か と 恐 ろ し く 考 え た こ と を 思 出 し た (→ 恐 ろ し い と 考 え る ) (島 崎 藤 村『 新 生 』) (17) 勉 強 を 大 変 に

(7)~ (17)の 下 線 部 は 知 覚 主 体 が 見 た 、聞 い た 、あ る い は 感 じ た 内 容 を 修 飾 す る 。 (7)は 怪 我 が 深 刻 だ と 見 え な い 、 (8)は 立 派 そ う で あ る 、 (9)は 優 れ て い る 、(10)は 一 般 人 と 違 う 、(11)は 嫌 悪 を 感 じ る 、 (12)は 人 の 知 的 な 能 力 の 低 下 を 表 す な ど の よ う に 、 こ れ ら の 語 は い ず れ も「 ひ ど い と 見 え る 」「 え ら い と 見 え る 」「 い や だ と 感 じ る 」「 大 思 う 時 も あ る と 思 い ま す 。 し か し な が ら 、 補 習 校 で 勉 強 し た こ と は 将 来 必 ず 役 に 立 つ 時 が き ま す 。 (→ 大 変 だ と 思 う )

(http://www.houston.us.emb-japan.go.jp/jp/ryojikan/20 14/0405_Nyu.html)

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

47

変 だ と 思 う 」 な ど の よ う に 「 形 容 詞 + と + 思 考 動 詞 / 知 覚 動 詞 」 と 解 釈 さ れ 、 形 容 詞 の 基 本 義 を 表 し て い る 。

一 方 、 (18)~ (22)の よ う に 、〈 量 ・ 程 度 〉 を 表 す 場 合 も あ る 。

(18) 引 っ 越 し て き た 頃 は 飛 行 機 の 音 な ど 全 く し な か っ た の に 最 近 は 一 時 間 に 何 回 か 飛 行 機 の 飛 ん で い る 音 が ひ ど く 聞 こ え て く る よ う に な っ た 。

( http://bluecafenet.cocolog-nifty.com/blog/0904.html ) (19) ブ ラ ウ ナ ー の パ ン テ ラ さ ん を 立 て て 、 マ イ ク で ア コ ギ を

録 っ て み た ん だ け ど 、 か な り 解 像 度 が 高 い ( 但 し 防 音 し て な か っ た ら ノ イ ズ や 騒 音 も え ら く 聞 こ え る … ) (http://warpandleap.seesaa.net/article/346416746.h tml)

(20) 最 近 イ ン タ ー ネ ッ ツ の 影 響 力 を 凄 ま じ く 感 じ る 。(作 例 ) (21) 家 の 回 り で カ エ ル の 鳴 き 声 が 大 変 聞 こ え る よ う に な り

ま し た 。 (http://69.175.29.10/9g5f8i) (22) 「 中 国 の 台 頭 が 顕 著 に な る 中 で 日 米 同 盟 体 制 に 不 安 を 感

じ る か 」 と の 問 い に 対 し 、 34%が 非 常 に

以 上 の 分 析 か ら 見 れ ば 、 本 稿 の 研 究 対 象 は 副 詞 形 で 、 発 話 動 詞 ・ 思 考 動 詞 ・ 知 覚 動 詞 と 共 起 す る 場 合 、「 ~ と 」 あ る い は 「 ~ よ う に 」 と 解 釈 さ れ 、 程 度 を 表 さ ず 、 形 容 詞 連 用 形 と す べ き 場 合 が あ る 。

感 じ る 、 50%が 若 干 感 じ る と の 結 果 が 出 て い ま す 。

(http://lullymiura.hatenadiary.jp/entry/2014/02/02/22 4754)

(18)~ (22)の 下 線 部 は い ず れ も 音 や 影 響 力 、 不 安 な ど 程 度 性 が あ る 名 詞 の 程 度 を 修 飾 す る た め 、 知 覚 し た も の の 〈 量 ・ 程 度 〉 を 表 し て い る 。 し か し 、「 お そ ろ し く 」「 す ば ら し く 」「 ば か に 」「 い や に 」 は こ の よ う な 使 い 方 が な く 、 下 線 部 と 置 き 換 え ら れ な い 。 そ れ に つ い て は 後 に 考 察 す る 。

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

48

3 共 起 す る 動 詞 の タ イ プ

考 察 に 入 る 前 に 、 程 度 副 詞 の 定 義 に つ い て 少 し 述 べ る 。 前 述 し た よ う に 、 通 常 、 程 度 副 詞 は 基 本 的 に 属 性 や 静 的 な 状 態 に 関 わ る も の で 、 そ の 属 性 や 状 態 の 帯 び る 程 度 性 を 限 定 す る も の で あ る と い う の は 従 来 の 研 究 の 指 摘 で あ る (工 藤 (1983)、 仁 田 (2002)な ど )。 工 藤 (1983)で は 、 程 度 副 詞 は 動 詞 の 表 す 運 動 性 に は 関 わ ら な い と 述 べ て お り 、「「 と て も ゆ っ く り 歩 い て い る 」 の よ う な 動 詞 文 に 用 い ら れ た 場 合 も 、「 ゆ っ く り 」 と い う 状 態 に の み 関 係 し 、「 歩 い て い る 」 と い う 運 動 に は 関 係 し な い 」 と 指 摘 し て い る 。 つ ま り 、 程 度 副 詞 と 共 起 す る 動 詞 は 、 運 動 性 と 関 わ ら な い 静 的 な 変 化 動 詞 、 内 的 情 態 動 詞 、 思 考 動 詞 な ど が 多 い と 思 わ れ る 。 し か し 、 こ れ ら の 語 は す べ て 通 説 の よ う に 一 致 す る で あ ろ う か 。

3.1 進 展 性 に 限 界 を 持 た な い 動 詞

ア ス ペ ク ト の 対 立 を 持 つ 動 詞 に つ い て 、 金 田 一 (1976)は 語 彙 的 ア ス ペ ク ト に よ っ て 、「 継 続 動 詞 」「 瞬 間 動 詞 」 な ど と 分 類 し て い る 。 工 藤 (1995)は 大 き く 「 外 的 運 動 動 詞 」「 内 的 状 態 動 詞 」「 静 態 動 詞 」 の 3 分 類 を し て い る 。 ま た 、「 外 的 運 動 動 詞 」 を 〈 動 作 〉 か 〈 変 化 〉 か と い う 観 点 と 、〈 主 体 〉か〈 客 体 〉か と い う 観 点 を 組 み 合 わ せ て さ ら に 次 の よ う に 分 け て い る 。

① 主 体 動 作 ・ 客 体 変 化 動 詞 ― 開 け る 、 折 る 、 消 す 、 入 れ る 、 並 べ る …

② 主 体 変 化 動 詞 ― 行 く 、 来 る 、 消 え る 、 入 る 、 出 る 、 太 る 、 就 職 す る …

③ 主 体 動 作 動 詞 ― 動 か す 、 打 つ 、 食 べ る 、 歩 く 、 走 る 、 泣 く 、 揺 れ る …

(工 藤 (1995: 71- 72))

‧ 國

立 政 治 大 學

N a tio na

l C h engchi U ni ve rs it y

49

い わ ゆ る 程 度 副 詞 は 状 態 性 の 語 と 結 び つ く が 、 質 や 状 態 の 変 化 を 表 す 主 体 動 詞 と も 共 起 可 能 で あ る た め 、 ま ず 主 体 変 化 動 詞 と の 共 起 か ら 分 析 す る 。

主 体 変 化 動 詞 に つ い て 、 工 藤 (1995)は 前 に 述 べ た よ う に 、「 行 く 」

「 来 る 」「 太 る 」 な ど の 動 詞 が 属 す る が 、 基 本 的 に 自 動 詞 で あ っ て 、

〈 結 果 継 続 〉 を 表 す と 指 摘 し て い る 。 ま た 、 森 山 (1988)は そ の 変 化 の 中 に は 進 展 性 的・漸 次 的 に 進 ん で ゆ く も の が あ る と 主 張 し て お り 、

「 過 程 を 持 つ 動 き で あ る と 同 時 に 、 そ の 過 程 に お い て 変 化 が 漸 次 的 に 進 む 」 こ と を 「 進 展 性 」 と 呼 ん で い る 。 さ ら に 、 佐 野 (1998)は 変 化 が 進 展 的 に 進 む 動 詞 句 を「 進 展 性 に 限 界 を 持 た な い 動 詞 句 」と「 進 展 性 に 限 界 を 持 つ 動 詞 句 」に 分 け て い る 。例 え ば 、「 太 る 」な ど の 進 展 性 に 限 界 を 持 た な い 主 体 変 化 動 詞 の「 変 化 達 成 が 漸 次 的 累 加 さ れ 、 そ の た び に 程 度 の 異 な る 結 果 状 態 が 成 立 す る 」(佐 野 (1998:9))と い う こ と は 無 限 に 起 こ り う る た め 、 ほ ん の わ ず か で も 一 定 の 程 度 の 変 化 が 達 成 さ れ れ ば「 太 っ た 」と 言 え る 。一 方 、「 凍 る 」な ど の 進 展 性 に 限 界 を 持 つ 動 詞 は 「 変 化 の 達 成 点 に 至 る ま で の 過 程 が 漸 次 的 に 進 む 」 だ け で 、 氷 点 に な ら な い と 「 凍 っ た 」 と い う 変 化 が 達 成 さ れ た と 言 え な い 。

太 る 太 る 太 る 太 る 太 る 太 る

(24)--------------------- 達 成 達 成 達 成 達 成 達 成 達 成

凍 る (25)---

氷 点 ( 達 成 )

佐 野 (1998)は 進 展 性 を 持 つ 主 体 変 化 動 詞 は 「 進 展 性 に 限 界 を 持 た な い 動 詞 」 と 「 進 展 性 に 限 界 を 持 つ 動 詞 」 の い ず れ か に 分 類 で き る と 主 張 し 、 さ ら に 以 下 の テ ス ト を 取 り 上 げ て い る 。